各通信制高校の特徴

鹿島学園高等学校

鹿島学園高校は茨城県鹿嶋市に本校があります。
卒業に必要なスクーリング(授業)とテストは日帰りで年間約10日間ほど、都内の指定会場で夏と冬にそれぞれ行われます。指定会場は渋谷などの交通の便が良い場所に決まることが多いです。レポート学習にはタブレットを導入しています。自由参加型のイベントも 豊富で、校外学習やディズニーランドなど、たくさんの思い出が作れます。全国で行われるスクーリングでは、足立学習センターの先生が講師として授業の担当もしております。そのため、科目・会場によっては身近な先生から授業を受けられるというメリットもあります。

鹿島山北高等学校

 2017年に神奈川県山北町に開校した鹿島学園の姉妹校。卒業に必要なスクーリング・テストは最低年1回3泊4日の短期間で終わらせる宿泊タイプです。4校の中では登校日数が1番少ないため、自宅学習コースで学習を進めていけば年間登校日数を最大限に抑えることができます。スクーリングでは、教室で行う授業以外にもカヌーやハイキング、BBQなどを行うので高校生活の思い出が作れます。
足立学習センターは全国に100以上ある学習センターの中でも、スクーリングでの授業担当者がいる、数少ない学習センターです。そのため、科目によっては普段から接している身近な先生から授業を受けられるというメリットがあります。  

鹿島朝日高等学校

鹿島学園の姉妹校で岡山県岡山市に本校があります。卒業に必要なスクーリングやテストは渋谷などの指定された会場で受けるため、宿泊を伴うことはありません。そのため、本校に通うことなく卒業が可能です。レポート学習はレポート用紙に解いていく方式です。

第一薬科大学付属高等学校

第一薬科大学をはじめ、他にも日本薬科大学・横浜薬科大学・日本経済大学・第一工業大学・第一幼児教育専門学校・東京マルチメディア専門学校など多分野に渡るグループ校がある大規模校です。高校卒業後の進路を考えていく中で、グループ校への進学を視野にいれることができます。スクーリングは宿泊を伴わず、渋谷キャンパスで行われますが、毎週1回水曜日のスクーリングか集中スクーリング(どちらも年間10日間ほど)を選択することができます。スクーリングでは、足立学習センターの先生が講師として授業の担当もしておりますので、科目によっては身近な先生から授業を受けられるというメリットもあります。